F1最新情報 8月22日

8月22日(木曜日)のF1最新情報です。(14時03分更新)

最新情報   トップページ

ボタス 「ウィリアムズは正しい方向に進んでいる」
ウィリアムズのヴァルテッリ・ボタスは、今週末のベルギーGPにポジティブな気持ちで臨もうとしている。彼はチームがFW35シャシーに施した様々な改善に期待しており、ベルギーGPでもチームがポイントを獲得できると予想している。

グティエレス ベルギーでのポイント獲得に期待
ザウバーのエステバン・グティエレスは、ベルギーGPでの初ポイント獲得を期待している。10レースを終えてグティエレスはまだポイントを獲得しておらず、パフォーマンスの面でもチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグに差をつけられているが、今週末のスパ・フランコルシャンでのレースではトップ10に入ることができると考えている。

ベルギーGPのDRSゾーン
FIAはベルギーGPのDRSゾーンを発表し、今年はホームストレートとケメルストレートの2カ所に使用区域が設定された。

ベルギーGPのスチュワードはワーウィック
今週末のベルギーGPでデレク・ワーウィックがレーススチュワードを務めることになった。ワーウィックはこれまでに何度もスチュワードを務めており、今シーズンでは第2戦のマレーシアGPを訪れている。

シューマッハ 今年もレース・オブ・チャンピオンズに参加
7度のF1ワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハが、今年もレース・オブ・チャンピオンズ(ROC)に参戦することになった。

ビデオ ハッキネンのオーバーテイク(2000年ベルギーGP)


ロータス ベルギーでDRDを再使用
ロータスは、今週末のベルギーGPで再びドラッグ・リダクション・デバイス(DRD)を使用する予定だ。2012年シーズンを通してテストされてきたこのデバイスは、今年のイギリスGPでようやくレースデビューを果たしたが、チームはベストな作業領域を見つけることに苦戦し、以降の2レースでは使用を中止した。

マルコ スパでのドライバー発表を否定
レッドブルアドバイザーのヘルムート・マルコは、チームが2014年のドライバーラインナップをベルギーGPで発表するという噂を一掃している。

ビデオ ピレリのベルギーGPプレビュー


ベルギーGPに向けて楽観的なファン・デル・ガルデ
ケータハムのギード・ファン・デル・ガルデは、今週末のベルギーGPにポジティブな気持ちで臨もうとしている。彼は中堅チームとの差が開きすぎていることを認めているが、何が起こっても不思議ではないベルギーでのレースにチャンスがあると考えている。

ディ・レスタ スパでの「新鮮なスタート」に期待
ポール・ディ・レスタはトラブル続きのドイツGPとハンガリーGPを経て、今週末のベルギーGPで「新鮮なスタート」を切ることを期待している。

ビデオ ヴェッテルとバトンの接触事故(2010年ベルギーGP)


ライコネンマネージャー 「レッドブルとの交渉は終了」
キミ・ライコネンのマネージャーを務めるスティーブ・ロバートソンは、レッドブルとの交渉が決裂したことをフィンランドのメディアに明らかにした。これにより、ダニエル・リチャルドのレッドブル昇格がほぼ確実になりそうだ。

シモンズ ウィリアムズでの仕事を開始
ウィリアムズに加入したエンジニアのパット・シモンズは、今週末のベルギーGPから同チームでの仕事を開始する予定だ。

F1参戦を諦めないラジア
ルイス・ラジアはF1のレースシート獲得に向けて今も努力を続けていることを明らかにしたが、来月も同じ状況であれば別の選択肢を探すつもりであることを認めている。

最新画像 シティ・レーシング・ロッテルダム2013


ビデオ シューマッハとクルサードの接触事故(1998年ベルギーGP)


ライコネン 「スパでも予選が重要」
これまでベルギーGPで4勝を挙げているキミ・ライコネンは、来週末のスパ・フランコルシャンでのレースを楽しみにしている。ライコネンは今回のレースでも予選ポジションが重要になると考えており、そのために適切なセットアップを施すことが不可欠だと語っている。

ベルギーGPでの好成績を期待するグロージャン
ロータスのロマン・グロージャンは、来週末のベルギーGPの開催地、スパ・フランコルシャンサーキットがチームのクルマに合うはずだと考えており、前回のハンガリーGPで発揮したペースがあればスパでのレースで好成績を残すことができると信じている。

バトン 「スパで全力を尽くす」
昨年のベルギーGPでポールトゥウィンを飾ったジェンソン・バトンは、来週末のスパ・フランコルシャンでのレースには優勝できるクルマで臨めないことを認めているが、それでも全力を尽くすと述べている。


最新情報   トップページ